大切な家族が認知症になったらあなたはどうしますか?

病院に行って診察を受ける、介護施設を探す・・・

多くの方がこういった選択肢を取られます。

しかしこれでは大切なお金と時間を浪費しかねません。

ここでは認知症介護のために必ず知っておくべき3つのポイントをわかりやすく説明します。

【認知症 大切な3つのポイント】

1、薬で認知症は治らない
2、介護にかかるお金を把握する
3、認知症は改善する


それでは順番に見ていきましょう

 

1、薬で認知症は治らない


認知症の治療薬として世界で多く使用されている「アリセプト」

しかし、残念ながらこれで認知症が治るわけではありません。

あくまでも症状の悪化を抑えるもので根本的な解決策ではないのです。

さらに“クスリ”を反対から読むと“リスク”となるように副作用の心配があります。

アリセプトの副作用はなんと50以上もありますがその中には「心筋梗塞」「心不全」「脳出血」「急性腎不全」「原因不明の突然死」といった命にかかわるものまであります。

3の「認知症は改善する」で書きますが原因を知り正しく対処することが重要です。


2、介護にかかるお金を把握する


施設を選ぶ際にも注意が必要です。

代表的なのが「特別養護老人ホーム(特養)」と「介護付き有料老人ホーム」です。

特養は費用が安いですが介護の必要性が一定以上高いことが条件となります。

介護付き有料老人ホームは介護の必要性が低くても入居できますが費用はかなり高めです。

さらに見落としがちなのが「おむつ代」「医療費」「退去クリーニング費」といったものにかかるお金。

施設入居を考える際はどれだけお金がかかるのかきちんと調べておきましょう。


3、認知症は改善する


一般的に思われている事とは正反対の事実ですが認知症は改善します。

認知症の原因物質は「糖化」という体内の余分な糖とたんぱく質が反応することによってできる老化物質(AGEs)です。

この老化物質は「ベータアミロイド」「タウタンパク質」と呼ばれ、これらが脳内に沈着するとやがて神経細胞の死滅を招いて認知症を発症すると考えられています。

実は黒ガリンガルという植物には「糖化」を抑える抗糖化力が確認されています。


実際に黒ガリンガルを飲んだ方のエピソードを紹介しましょう。

医学博士であり、東北地方にある大学の名誉教授のS先生は1年ほど前から同じことを何回も聞くようになり、言葉も思い出せず患者さんとの会話ができなくなってしまいました。

心配した同僚が黒ガリンガルを飲ませたところ20日くらいで変化が見えはじめたそうです。

黒ガリンガル食品を開発した方が半年後に会って話をしたところS先生は

「9月に僕は本当に認知症だったんだ、と初めて気が付きました。気付かせてくれてありがとう」

とおっしゃったそうです。


この体験談が医師の間で広がり現在では多くの医師が黒ガリンガルを愛用されています。

実は認知症薬「アリセプト」を開発された杉本八郎先生も黒ガリンガルを飲まれています。


黒ガリンガルについて詳しくはこちらからどうぞ>>>


認知症で一番多いのはアルツハイマー病ですが、この病気の原因は脳において記憶や学習といった情報を伝達する「アセチルコリン」という物質が大幅に減少してしまうことです。

「アセチルコリン」は「レシチン」という物質を原料に作られます。

「レシチン」の中でも最も優秀なものが
医学博士 神津健一先生が開発した「K・リゾレシチン」です。

「K・リゾレシチン」と相乗効果のある細胞のアンテナの役目を果たす「糖鎖栄養素」の摂取により、希望を持てる臨床結果が数多く報告されています。

そのうちの一例を紹介しましょう。


この方は山形県に住む42歳の主婦ですが、お母さまが65歳頃から物忘れがひどくなり、ほとんど会話もできず夜な夜な徘徊を繰り返すようになりました。

施設に入所させたのですが介護士の方が悲鳴をあげてしまい、引き取ってもらえないかと言われ仕方なく引き取ったそうです。

お母さまの状態はどんどん悪くなりオムツを外し垂れ流し、さらには汚物を食べたりで、家中が悪臭でパニック状態になりました。

友人にその辺の事情を話すと

「K・リゾレシチンと糖鎖栄養素がいいかもよ!」と教えられ藁をもつかむ思いでお母さまに食べさせたそうです。

最初のうちは、なかなか食べてくれず困っていましたが3週間ほどするとお母さまの方から積極的に食べるようになりました。

一か月半もすると大分様子が変わってきて、徘徊もほとんどなくなりトイレも自分から行くようになりました。

さらに2ヶ月を過ぎるころにはオムツも外れ、笑顔が戻り、会話もできるようになったのです。

今はあの地獄の日々がウソのように穏やかな毎日です。


医学博士 神津健一先生が会長を務めるナチュラルクリニック代々木にはこうした体験談が日々寄せられています。

K・リゾレシチンと糖鎖栄養素について詳しくはこちらからどうぞ>>>

認知症の改善については個人差や環境による影響も考える必要があります。

お一人お一人にあった認知症改善への道があります。

今なら一般社団法人 認知症予防・改善医療団認定の認知症ケアカウンセラーである田所秀基が無料で認知症相談を受け付けております。


どうぞあなたのお悩みをお聞かせください。

一緒に解決していきましょう。



お問合せフォームの書き方例(参考になさってください)


受信設定の方法はこちらからどうぞ>>

いかがでしたでしょうか?

認知症の原因を知れば対処法はあるのです。

まだここには書ききれなかった極めて効果的な対処法もあります。

認知症でお困りの方はお気軽にご相談ください。


お問合せフォームはこちらからどうぞ>>>