【黒ガリンガルが100倍よくわかる動画】

 

【黒ガリンガルの脳機能改善作用】


世界最高の薬用植物と呼ばれる「黒ガリンガル」

数多くの有益なデータが出ていますが、その中でも特筆すべきは「脳機能改善作用」

現代社会で大きな問題となっている認知症。

認知症の原因は様々ですが、共通しているのは脳の神経伝達物質である「アセチルコリン」の濃度が大幅に減少していることです。

アルツハイマー病ではただでさえアセチルコリンが減少しているのに、さらに追い打ちをかけるように「アセチルコリンエステラーゼ」という分解酵素がアセチルコリンを分解してしまいます。

もう一つの原因としてわかっているのが「アミロイドβ(ベータ)」と呼ばれる脳内のゴミが蓄積することにより、脳に老人班ができ神経細胞死を引き起こすというもの。

驚くべきことに黒ガリンガルには「アセチルコリンエステラーゼ」の阻害作用と「アミロイドβ」の凝集阻害作用が確認されています。

ここで実際の認知症改善事例を見ていきましょう。


【黒ガリンガルにおける認知症改善事例】


東北にある国立大学名誉教授であり医学博士でもあるS先生は、およそ1年半前から認知障害及び言語障害を発症。

患者さんの前で言葉が出てこないで沈黙してしまう場面が多々ありました。

心配した同僚が黒ガリンガルの服用を提案。

・3月より1日3カプセルを飲用。

・症状の悪化は治まるも改善が見られず4カプセルに変更。

・約20日ほどで症状に改善が見られ始める。

・9月には自分が認知症であったことを認識できるまでに改善。


S先生は黒ガリンガルを日本に紹介した佐藤さんに会った時

「9月に僕は本当に認知症だったんだ、と初めて気が付きました。気付かせてくれてありがとう」

としっかりした口調でおっしゃったそうです。

黒ガリンガルの原産地では医者の役割を果たすシャーマン(巫女)が「黒ガリンガルは患者の時を戻し、蘇らせる」と言って処方している薬用植物です。

もちろん無農薬・自然栽培で育てた野生種の本物ですから副作用の心配もありません。

黒ガリンガルの栄養成分を損なうことなく加工した、野生種黒ガリンガル食品について詳しくはこちらからどうぞ>>>