雷神カード(スマホ・アイフォン用電磁波対策・シールド)

KO1015

16,500円(税込)

楽天ペイ
雷神カードは、有害だと考えられる電磁波をカット&対策するために、Dr.YAYAMAにより開発されました。

iphone(アイホン)やスマートフォン(スマホ)、タブレットをはじめ、電磁波を放出している様々な機器に貼り付けるだけで手軽に使うことができる電磁波シールドです。


■雷神カードの使い方

シートは3層構造になっています。

スマートフォンなど、貼り付ける面の汚れをふき取った後、粘着シートの剥離フィルムをはがして貼り付けてください。
(粘着シートは2枚入っています)
※ 雷神カードは中心部に2mmの厚みがありますため、シートがやや浮きやすくなっております。

またシールを使用しないでスマホケースの中に入れてもお使いいただけます。

■雷神カードの使い方ろいろ

〇気の流れが良くないと感じられる部位に雷神カードをひし形に当てる。(チップを外側に向ける。)

また、天然素材の袋や布にくるんで落ちないよう結んで当てておくと良いです。

〇コーヒー、お酒などの入った容器の上に雷神カードを当てるとマイルドになります。

〇スマートフォンなどで音楽を聴く際、 雷神カード付けた場合の音と付けない場合の音を比べてみてください。

付けた場合は、 音が良い音色に感じられ、 長時間聰いても耳障りにならないことが分かります。 (気の感覚を認識できる方は特によく分かるようです。)


■雷神カード開発者 矢山利彦先生

医療法人山桃会 Y.H.C. 矢山クリニック院長
バイオレゾナンス医学会 理事長

1980年、九州大学医学部卒。

福岡徳州会病院で救急医療を中心とした診療に携わり、福岡医師漢方研究会で東洋医学を学ぶ。

漢方薬、鍼灸などの研究、実践を経て、気功に辿り着く。

83年、九州大学医学部第2外科に入局。

大学院博士課程にて免疫学を研究したあとに87年より佐賀県立病院に移り、好生館外科医長、東洋医学診療部長を歴任する。

2001年、Y.H.C.矢山クリニックを開院。

2005年6月、医科と歯科、気功道場、自然食レストランを併設した新病棟を開院。西洋医学と東洋医学を融合させ、「気」という生命エネルギーを生かす総合的な医療を実践している。

現在、バイオレゾナンス医学会を設立し、ドイツの波動医学の研究者たちと一緒に研究している。

■Dr. YAYAMA「病気の原因は5種類だ!」



病名は数えきれないほどありますが、病因をとことん掘り下げていくと5つに要約されます。

病気の根っこにある病因を追求した「5つの病因による疾患モデル」が2003年にY.H.C矢山クリニック、矢山院長によって発表されました。

病気は外からの原因と自分のうちの条件によって成立します。

雷神カードは「電磁波」の害を取り除くために矢山院長が開発されたアイテムです。


■商品詳細

●容量: 約0.5g
●サイズ: 縦4.8cm×横4.8cm×厚さ1 (中心部厚さ 約2)
●研究開発者:Dr. YAYAMA

■矢山先生開発商品

神農クリーム 50g


神農クリーム 30g


【オススメ!植物由来アミノ酸シャンプー】神農シャンプー

イメージはありません。

レビューはありません。